合宿免許には様々な人が参加するために仲良くなれないのではないかという不安がつきものです。年齢や職種が違うために、会話が合わないことや価値観が合わないことを心配したり、馴染めないことを心配したりして、興味はあるのに申し込めないということも多いものです。しかし、いざその中に入ってみると自然に会話もできますし仲良くなることもできます。

もちろん、共同生活をするために、集団行動が求められることもあります。自分のスケジュールだけでは動けず皆と一緒に行動することも必要です。教習中の休日には全員で出かけることもありますから、なかなか一人で過ごす時間もありません。しかし、談笑の時間や寝食をともにする生活をすることは自然と協調性が身につきますし、周囲の目を気にして行動するようになりダラダラせずきちんと周囲に配慮する生活習慣を身につけることができます。

もちろん、常にずっと集団行動をすることは日頃一人で気ままに過ごしている人には辛いものです。そこで、一人部屋を選択しておけば、それなりに一人の時間も確保しつつ集団行動をとることができます。そうすればストレスフルにならず、苦しくない程度に集団行動をしつつ生活することができます。

Comments are closed.